クサシギ

千葉県RDB(レッドデータブック)では「D」ランク。以前は近場でよく見かけたシギでしたが、最近はお目にかからなくなりました。隣市の自然保護エリアでは時々見かけるものの、一声鳴いては飛び去ってしまうので、撮れるのは飛び去る後姿ばかりでした。 この日は気づかれる前に、いるのに気づいたので、距離を取って撮ることが出来ました。 …
コメント:0

続きを読むread more

タゲリの群れ

野鳥撮影を始めた頃は、ひとつの群れはもっと大きかったし、いくつもあったように思います。姿を求めて精力的に、あちこち探し回っていたということもあるとは思いますが。 久しぶりに大きな(と言っても、100羽ほど)群れに出合いました。
コメント:0

続きを読むread more

猛禽だらけ

「猛禽だらけ」と言っても、短時間にそう多くの種類に遭遇するわけではありません。 直近の1月15日~1月19日までの間に撮影出来た猛禽類です。 トモエガモを引き連れて飛んでいるかのようなチュウヒ(1/15) 猛禽類の中で遭遇頻度がいちばん高い ノスリ(1/15) 高い鉄塔のてっぺんで食事中の ハヤブサ(…
コメント:0

続きを読むread more

ひょっこり顔を出したイタチ

沼のサイクリング道路を歩いていたら、ガサゴソ音がしたので歩みを止めると、目の前の薮からイタチが顔を出しました。 驚かさないようにゆっくりカメラを構え、パイプ柵の間から撮りました。 沼で遭遇率が高い哺乳類は、イタチです。 このところ記事の更新頻度が上がったのは、半年前に右肩を痛めてテニスのラケットが振…
コメント:2

続きを読むread more

世代交代? 警戒心の強いハヤブサ幼鳥

数年前には、同じエリアで警戒心の薄い成鳥ハヤブサをよく見かけました。 久しぶりに見たハヤブサは、幼鳥でした。 遠くの田んぼに下りたのを見つけ、ゆっくり車を進めると、カメラを向ける前に飛び立って少し離れた場所に移動します。 これは警戒心が相当強いと判断して、追うのを止めました。
コメント:0

続きを読むread more