"昆虫"の記事一覧

イタドリハムシ 飛ぶ

当地でビロードツリアブが姿を見せるのとほぼ同時期に姿を見せる甲虫が、イタドリハムシです。 飛び立つ瞬間を撮るのは、甲虫の中では飛び立つ前のサインが明確なので、比較的撮影は容易だと思います。 飛び出す方向にもよりますが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビロードツリアブ

初認が3月の半ばで、その2週間後にはサシバが飛来するのが例年のことです。 今年も初認は3月17日でした。 カタクリが咲くのと、ビロードツリアブの初認は重なるんですよね。 カタクリの花を確認しに行ってないことに気が付きました。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

産卵のチャンスを狙うヤドリバエ

庭のグレープフルーツの木(実生の樹齢はン十年、だけれど実は一度も生ったことがない、アゲハの幼虫のためにだけ残してある)に、ナミアゲハとクロアゲハの幼虫がいて、そこに、産卵のチャンスを虎視眈々と狙うヤドリバエの仲間が――。 ヤドリバエの仲間は種類が多く、同定できません"(-""-)" ナミアゲハの幼虫は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレチウリの花にスズメバチ

休耕田にはびこるアレチウリの花に、たくさんのスズメバチが集まっていました。 キイロスズメバチが多いようですが、1匹を狙い続けて撮ったわけではないので、別種が混じっているかもしれません。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズバチの徳利形の巣 ~作り方~

居間の掃き出し窓の外にはサンダルを脱ぐ踏み石(コンクリ製)があり、張り出したベランダの下なので、雨が直接かかりません。そこにトックリバチスズバチが巣を作っていました。途中から撮影開始です。 乾燥して白茶色になっている部分は前からのもので、水分を含んで濃い色合いの部分が撮影開始後の作成部分です。 泥団子を運んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more