産卵のチャンスを狙うヤドリバエ

庭のグレープフルーツの木(実生の樹齢はン十年、だけれど実は一度も生ったことがない、アゲハの幼虫のためにだけ残してある)に、ナミアゲハとクロアゲハの幼虫がいて、そこに、産卵のチャンスを虎視眈々と狙うヤドリバエの仲間が――。


PA070039 (2).JPG



PA070011 (2).JPG

ヤドリバエの仲間は種類が多く、
同定できません"(-""-)"




ナミアゲハの幼虫は、ヤドリバエが近づいてきた気配を察して、体を反らせて臭角を出して威嚇します。

PA070043_Moment(6).jpg


PA070043_Moment(7).jpg



ヤドリバエは産卵のチャンスを狙って、そばから離れません。PA070065.JPG



PA070036.JPG



別の幼虫にも触手を伸ばします。

PA070091.JPG



産卵できたのか、見届けられませんでしたが、
日々、生存競争が目の届かない所でおこなわれているのだなぁと思った一日でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック