スズバチの徳利形の巣 ~作り方~

居間の掃き出し窓の外にはサンダルを脱ぐ踏み石(コンクリ製)があり、張り出したベランダの下なので、雨が直接かかりません。
そこにトックリバチスズバチが巣を作っていました。途中から撮影開始です。


P9160026.JPG


乾燥して白茶色になっている部分は前からのもので、
水分を含んで濃い色合いの部分が撮影開始後の作成部分です。




泥団子を運んでくるのは5分おきぐらい。体を回しながら泥を徳利状に塗り固めていきます。

P9160024_Moment(2).jpg


P9160023_Moment(3).jpg


P9160024_Moment(4).jpg


P9160023_Moment(4).jpg


P9160024_Moment(5).jpg


徳利形の巣が完成間近です。

P9160032.JPG



最後の仕上げに入ったようです。

P9160042 (2).JPG


P9160047 (2).JPG


P9160050 (2).JPG


P9160058 (2).JPG


P9160064 (2).JPG



いよいよ産卵のようです。

P9160081 (2).JPG

2分近く、お尻を差し込んでいました。


P9160101 (2).JPG

このあと飛び去りました。


また戻ってくるかもしれないと、15分ほど待ちましたが、それっきりでした。


P9160111 (2).JPG


懐中電灯で中を照らしてみたのですが、産み付けられたはずの卵は確認できませんでした。


※ 最初、「トックリバチ」として載せましたが、同じドロバチ科のスズバチでしたので、
  タイトルを含め、訂正します。

産卵後、幼虫の餌となるガの幼虫を運び入れた後、(たぶん)徳利の口から張り出した鍔状の部分を崩して口をふさぎ、あらたな徳利を隣接して作っていくので、次第に大きな泥のカタマリのようになってきています。(ひょっとすると)羽化した個体が古巣に戻って来て、次々と増築して巣が大きくなっていくのかもしれません。
(2021.9/23追記)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック