凄惨な事件現場

そろそろ引き上げようと駐車場に向かって歩いていると、前方の木立から飛び立つ大型の鳥。

後ろ姿しか見えず、それもすぐに枝にさえぎられて見えなくなってしまいました。一瞬のことでした。

飛んでいった方角をしばらく双眼鏡を使って探しても、枝には止まらずに、そのまま飛び去ってしまったようでした。


今のは何だったんだろうなぁ、猛禽だよなぁ。オオタカだったかもしれないと、ふたたび歩き始めようとすると、前方の地面が白っぽく見えて……


近寄ってみると、羽毛が散らばっていました。


事件現場 210046.jpg






なまなましい血痕も……。犠牲者は?


事件現場 210043.jpg



「現場」に風切り羽根は落ちていなかったので、捕まえた場所は別で、ここに運んできて食事中だったようです。


このような場合、獲物を置き去りにして飛び去ってしまうことも多いのですが、

今回は獲物を持ち去ったので、猛禽にとっては良かったかなと……。

この記事へのトラックバック