サシバ 繁殖行動

3月27日に飛来を確認してからの数日は、冬を思わせる陽射しのない寒い日が続き、真冬の服装で撮影に臨みましたが、芳しくなく、30日にちょっと、31日の午後になってようやくという感じでした。

  新元号「令和」の発表を移動先の公園駐車場で見て、
  ここもダメかと帰途につこうと車を走らせていると、
  脇の田んぼの電信柱に猛禽が止まっているのに気が付きました。

  私よりも早く気づいたカラスが飛んできて……

画像


  あっ、サシバだ! と思った次の瞬間、カラスがちょっかいを出したので、

  サシバは飛んで行ってしまいました。

画像


  遠くまでは飛ばず、200メートルほど離れたあたりにとまったようなので、

  あわてて三脚にカメラをセットし、担いで近づいてみると……

画像
  電柱にとまっていました。

  直線的に近寄れる道がないので、三脚を担いで歩きました。

画像


画像


  電柱から電線へ……。また三脚担いでトコトコトコ。

画像
  また電柱へ……。車からは300メートル以上離れてしまいました。

  これは♀かなと、撮っていたら、
  画面にもう1羽がフレームインしてきたので、ビックリ!

画像
  フレームインしてきたのは♂。

  しかし、光の加減が良くない位置(T_T) なかなかないチャンスなので、
  そのまま撮影を続けました。

画像


画像


画像



画像



画像



画像



70枚ほど連写していたら、バッテリーホルダーを付けているのに、
 「バッテリーの残量がありません」という表示。
 朝一番でキジ♂のほろうちの動画などを撮っていたせいでした(T_T)/~~~

 ならば、肩から下げている400㎜の望遠を付けたカメラに持ち替えて撮ろうとしたら、
 あらら、なんということか、肩から下げていたのは双眼鏡(-_-;)


 カメラも予備バッテリーも、数百メートル離れた車の中……というので、切り上げました。



 ♂が現れた時点で、順光側にすばやく移動すべきでした。
 でも、ぐるっと回らなければならなかったので、
 その手間を惜しんだら、情けないものになってしまいました。

この記事へのトラックバック