つながりで考える

藤棚がある憩いの場。フジハムシや初見のシリジロヒゲナガゾウムシを撮った後、わずかに伸びたひこばえに1匹のイモムシを見つけました。

  特徴的な色と模様。すぐに「シロシタホタルガ」と名が浮かびました。
画像


画像


  その時は名が浮かんだことに満足して、幼虫を撮っただけでした。
  家に帰って、「シロシタホタルガ 幼虫」で検索すると、
  はたして同じ幼虫の画像が出てきました。

  検索記事を読んでいるうちに、
  シロシタホタルガの幼虫は「サワフタギ」を食草にすることを思い出しました。

  あのひこばえがサワフタギだったのかなぁと、翌日行ってみました。

  犬を連れて散歩する人も多いので、
  そのひこばえには犬のオシッコがかかっていました(-_-;)
画像

  
  シロシタホタルガの幼虫は健在でした。
画像

  樹木は詳しくないので、これがサワフタギなのか、断定は出来ませんが、
  シロシタホタルガの幼虫がいるんだから、
  このひこばえはサワフタギということになるんだろうなぁ。

幼虫から食草の名を知ったり、その逆に、食草から幼虫を推理出来ることが理想ですが、
その道は、はるか遠いです(-_-;)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック