伝書鳩の最期

たまたまハヤブサの食事”現場”に遭遇した家内が、獲物はハトのようだったというので、翌日、現場を確認してきました。

  ”現場”には両翼の風切り羽根が、ほぼそっくり残っていました。
画像


   見たところ、キジバトの羽根の模様ではなく、これは……ドバト?? 


     ……少し離れた場所に、足環が付いた跗蹠(ふしょ)が落ちていました。
画像
   いわゆる伝書鳩でした。


   足環には持ち主の苗字と携帯番号が刻まれていたので、その場から電話をして経緯を知らせ、
   現場に埋葬する旨を伝えて承諾していただきました。

   レース中だったのか、訓練中だったのか……弱肉強食の現実を突きつけられた出来事でした。

この記事へのトラックバック