ハムシ2種 カシワツツハムシとフジハムシ

「虫撮り」をしていて自然と目が向くのは、体長数ミリの昆虫とハエトリグモの仲間です。絞り込まないことには、ちょっと間口が広すぎます。

その中でも「葉上の宝石」とも称えられるハムシの仲間は、日本に660種もいるんだそうで、ここに登場したものでも、アカガネサルハムシ、イタドリハムシ、イチモンジカメノコハムシ、イノコヅチカメノコハムシ、ウリハムシ、セモンジンガサハムシ、カメノコハムシ、ジンガサハムシ、ムシクソハムシ、ヤマイモハムシなど……。
姿は小さくても、目を凝らしてみると、その美しさに驚かされるものが多いんです。

  カシワツツハムシ。
画像

画像



  フジハムシ。
画像

画像

  色合いが違うものも。
画像

この記事へのコメント

2016年07月10日 17:26
ハムシの数は植物の種類だけおりそうですね。
名前を調べる時、植物の名前を調べると早く見つかるかも
知れませんね。それぞれ、特徴があって面白いですね。
2016年07月11日 05:34
ツユヒメさんへ

撮影するばかりではなく、何の植物にいたかを記録するといいのでしょうが、思うばかりでなかなか……植物名が分からないときは、植物全体が分かるように撮っておくようにはしています。

この記事へのトラックバック