アズマキシダグモ 卵のうを運ぶ

蜘蛛は種類が多くて"(-""-)" と、ハエトリグモは撮るけれど、他のクモにレンズを向けることがあまりありません。

  この日、樹上に白っぽい卵のうの隣に、よく見かけるクモが……。
  アズマキシダグモの「基本形」と呼ばれるものだと思います。
画像
  卵のうは糸で葉にとめてあるようです。
画像

卵のうを持ち運ぶクモがいますが、どうやって運んでいるのかと考えたこともありませんでした。
コモリグモ科のように、出糸突起(糸疣)と呼ばれるお尻の先にある器官に付けて持ち運ぶものや、キシダグモ科のように、口に咥えて持ち運ぶものがいるようです。

  危険を察知して移動しようと、卵のうを持ち上げてとめてある糸を外そうとしています。
画像

  たしかに口で咥えています。
画像

画像
  引っ越しさせてしまいました。

この記事へのコメント

2016年06月23日 20:24
イオウイロハシリグモは良く見かけますが、
 アズマキシダグモもいるんですね。今度探して見ます。
2016年06月23日 20:35
ツユヒメさんへ

頭胸部に真っすぐな条が走っているところから、アズマキシダグモ♀ではないかと判断したのですが、合っているかどうか、自信はありません"(-""-)"
あまり手を広げすぎると収拾がつかなくなるので、この辺にとどめておこうかなと思っています。

この記事へのトラックバック