冬に向けて ジャコウアゲハ

今季前半は、蔓を伸ばしたウマノスズクサにジャコウアゲハがちっとも来てくれず、残念な思いをしていました。まあ、来れば来たで、食い散らかす有様に腹を立てていたのでしょうが。

  晩夏になって、ようやく♀の姿が見られました。
画像

画像

画像

  盛夏に産卵されなかったので、ウマノスズクサにはたくさんの花が咲きました。
画像

  卵はたいてい数個ずつかたまって産み付けられます。
画像

  幼虫もいました。
画像
  この子たちが蛹で冬を越すことになるのかな。

この記事へのコメント

2015年09月11日 22:50
大好きなジャコウアゲハと、食草のウマノスズクサの花!昔父と酒々井で大量に幼虫、卵、ウマノスズクサを採ってきた記憶があります。
2015年09月12日 15:33
mint*さんへ
ウマノスズクサが生えている場所が無いですね。庭に移植した株が少しずつ移動しながら増えてきています。

この記事へのトラックバック