なんてこった! レンズがポッキリ折れるなんて

7月31日の朝のこと。暑くなってきたので撤収しようと、三脚にセットしたSIGMAの150-500ミリズームレンズ付きのカメラを担いで歩き出そうとした途端、落下! えっ? あり得ない!
何が起きたのか、すぐには判断できませんでした。それまで撮影していたので、三脚から外れてしまうことは考えられず……
カメラとレンズは別々に落下していました! 幸い、どちらも舗装道路脇の草が生えている地面に落ちたので、破損は免れましたが。

よく見ると、望遠レンズのマウント部分はカメラ側にちゃんと付いていて、あろうことか、その先がポッキリと折れ、マウントから延びる電気系統の配線は千切れ、基盤も曲がっているというなんとも無残な状態でした。
マウント部分とレンズ部分とは3か所のビス止めで繋いであるのですが、そのうちの2か所が折損していました。 (あまりに悲惨な状況なので、画像はありません)

思い返せば、「あの時かぁ」と思い当ることが……。
2か月ほど前のこと、三脚にセットして担いだ途端、きちんとセットされていなくて、うしろにカメラが落下したことがありました。サッカーのトラップのように、とっさに出した足で落ちてきたレンズの衝撃を和らげることが出来た(と思った)ので、「事なきを得た」(と思った)”事故”があったのです。その時も草が生えた地面に落ち、その後の操作に支障が出なかったので大丈夫だったと思っていました。
ところが実際は、見えない部分で落ちた衝撃で3か所のビス止め部分のうちの2か所が折れてしまい、残る1本のビスだけで支えてきたのが、支えきれずにビスが抜け、結果、ポッキリと折れたようになってしまったのでした(^_^;)

レンズ部分のうしろは、基盤がむき出しになるという、見た目にも大きなダメージで、これは修理不可能なのではないかとさえ思える状態でした。
修理しないで、これを機に別メーカーに乗り換えるか、いや、カメラ3台にPROMINARのレンズもあるから簡単に乗り換えられないし……SIGMAの600ミリズームレンズのPENTAXマウントはまだ発売されていないけど、出るのかなぁ。出るんだったら、それにしようか……などと、あれこれ考えながら帰宅。

とりあえずSIGMAのサポートセンターに電話して状況を説明してみたところ、○円ぐらいで修理可能とのこと。大修理になる思っていたのに、その程度で直せるのかぁ……。「600ミリズームのPENTAXマウントの発売予定の有無」を尋ねてみるんだったと聞いてみると、「残念ながら予定は無い」という返事……「修理個所の状況が分かったので、レンズだけ送ってもらえれば」というので、さっそく宅配便で入院させることにしました。

これからお盆休みが入るので、修理が終わるのは今月末ぐらいかなぁ……。

ということで、PROMINAR500ミリと350ミリレンズで野鳥撮影はしていきますが、鳥枯れの時期でもあるので、虫記事が中心になりそうです。


PENTAXマウントを発売しておくれ。150-600ミリのズームレンズ。
  ↓   ↓   ↓


この記事へのコメント

2015年08月05日 08:38
おはようございます。とんだ災難でしたね。
望遠レンズは使ったことはありませんが、部品を軽量化する
ためでしょうが、接続部分など大事な箇所は折れないように
設計の改良が必要ですね。
2015年08月05日 21:14
ツユヒメ*さんへ
最初の「事故」の時に、プロレス技の「背骨折り」のようになって、レンズに過重な負担がをかけてしまったようです。修理不能のように思えたのですが、意外にも迅速な対応をいただいて、明日の夕刻には修理されて手元に戻ってくるという連絡がありました(^o^)
abasasu
2015年08月06日 23:25
驚きました。そんな事があるのですね。レンズが早く退院して、また素敵な写真を楽しみにしています。
2015年08月07日 05:11
abasasu *さんへ
修理が終わるのはお盆休み明けと思っていたところ、昨日、修理されたものが手元に戻ってきました(^o^) こんなに速く戻ってくるとは思ってもいませんでした。しかも、部品を新品に交換してくれていて、気分一新です。

この記事へのトラックバック