子ダヌキに遭遇

いつも歩いている林縁の道、きれいに草刈り作業が行われてしまいました。
きれいになったのは良いのですが、刈り取った草がきれいに片づけられて生きものの姿が減ってしまいました(T_T)

画像

  早くも稲刈り。
画像


  「収獲」が少なく、移動しようと車に戻ろうとしていたときに、子ダヌキが……。
画像
  こちらを気にするふうもなく、だんだん近づいてきました。
画像

画像

画像

画像

画像

  あまりに無警戒に近づいてくるので、
  存在を知らせるために、内臓ストロボを光らせると……。
画像
  向きを変えて引き返したのですが、そのときヨロッっと。
  足を痛めているのかと思ったのですが、そうではなさそうで……
  ちょっと痩せすぎている? 栄養状態が良くないのかと心配になりました。
  すぐに逃げ込める藪の手前で座り込んでいました。
画像

  この場所は住宅地に隣接しているのですが、
  先日はイタチにも出合っていて、生きものの多様性が保たれています。

この記事へのコメント

2015年08月31日 09:21
仔だぬきが1匹でいるのが気になりました。このサイズならまだ母親とか他の兄弟と一緒のはず・・・よろけたのも気になりますね。轢かれないといいな。
2015年08月31日 09:39
mint*さんへ
そうですね。家族単位で移動することが多いはずですね。ふつうより痩せているのが気がかりです。
この周辺の道路は舗装されてはいますが、農作業の軽以外はほとんど通らないので、事故に遭う心配はないと思います。
2015年09月01日 14:22
こちらでも、住宅団地の林縁で昼間にキツネが歩いていたり、
狸2匹が我が家の庭に迷い込んで来たこともあります。
ひっそりと棲みついているんですね。
秋になると今よりも餌が多くなり、大丈夫と思いますね。
2015年09月01日 17:01
ツユヒメ*さんへ
タヌキは意外にニンゲンに近いところに棲んでいるようですが、キツネは珍しいのでは? マイフィールド近くでは、イノシシの罠にキツネが入ったという「珍事」がありました。
木の実が実るまであともう少しですね。

この記事へのトラックバック