見~つけた! アケビコノハの幼虫

関東は昨日、梅雨明けしました。

今日の主役はアケビコノハという蛾の幼虫。ユニークな模様で大好きなんですが、ここにはまだ2度しか登場したことがありません。前の記事は →こちら 
自宅の庭にもアケビを植えてあるのですが、庭ではまだ見つけたことがないんです。

  アケビの蔓ではなく、とても目立つところにいた!
画像
  ひょっとして死んでるかと思って、枯枝を拾って突っついてみたら、動きました。
画像
  同じ道を引き返してくるつもりだったので、帰りに家に連れて帰ろうと思ってました。

  ところが、帰り道によくよく見たら……。
画像
  ハチなのかハエなのか、卵を産み付けられてました(^_^;) 白丸円内です。
  以上3枚はノートリ。

画像
  こればかりは助けてあげられませんね。

この記事へのコメント

2015年07月20日 19:10
アケビコノハの幼虫も、天敵のアケビコノハヒメバチに
遣られて、正常には動けなかったようですね。
以前、アゲハの蛹には、アゲハヒメバチが。
ルリタテハの幼虫には、タテハサムライコマユバチに
遣られていました。
2015年07月21日 15:45
ツユヒメ*さんへ
アケビコノハヒメバチが寄生するんですか。
自然界で生存競争を勝ち抜けるのは大変ですね。
今日も様子を見てきましたが、同じ場所でアケビコノハの幼虫は、まだ生きていました。
2015年07月21日 23:11
うわッ! アケビコノハの幼虫だ~と思ってみていたら、かわいそうに・・・やられてましたか!ホント、こればかりはどうにもなりませんものね~・・・
2015年07月22日 05:07
mint*さんへ
大きな目玉に見える模様ですから、見つけると嬉しくなりますね。
寄生蜂の幼虫が、そろそろ孵るころなのでは……(^_^;)

この記事へのトラックバック