ツバメの塒入りを見ようと

長雨が続いた後は、一転して猛暑に襲われています。
この日、ツバメの塒入りを見ようと思い、日没後は機材も片付けて、100ミリF2.8のレンズ付を1台だけ持って、ふだんあまり見ない光景が見られるかと待っていました。

  19時過ぎにサンカノゴイが舞い降りました。
画像
画像

  「これはサンカノゴイだ」と主張しないと、何だかわかりませんね(^_^;)

何年か前、サギの塒入り調査の時に、空を覆い尽くさんばかりのツバメの群れを見て驚き、その光景をまた見たいと思ったのですが……

残念ながらこの日は、日没が迫るころから数羽のツバメの群れが、流れ込むように次々とやって来たのですが……
画像

  数百羽どまりで、早々と葦にとまり、空一面を覆い隠すほどの光景は
  見ることが出来ませんでした。
画像


  日没。
画像


画像

この記事へのトラックバック