ジンガサハムシの雌雄

交尾していれば、雌雄の区別は付けられますが、単体で見つけた時の区別は可能なのかなぁ……

  交尾中のペア。♀が♂を背中にしょったまま移動したときに、うしろ姿を撮ったもの。
画像
  これだと交尾器がよくわかります。

  それなら、つかまえた個体の腹部を見ればわかるのではないかと、
  腹部のアップを何匹か撮ってみました。
  一同に並べて見たら、何かわかるかもしれないと思って……。
  比較しやすいように、向きが同じになるように変えています。

  個体1。
画像
画像


  個体2。
画像
画像


  個体3、4は略。個体5は交尾後の♂とわかる個体。
画像
画像


  個体6は、個体5の相手の♀だったと思います。
画像
画像
  途中、何匹も捕まえ損ねたり、逃げられたりということがあって、記憶が……。
  並べてみても、外見上、差異があるのかないのか……。


  つくづく研究者には向いてないなぁ(^_^;)と思い知りました。
  画像に鮮明さが無いのも一因ですね。鮮明なのは最初の1枚だけですから。
  もっと工夫して撮らないとダメだということが、よ~くわかりました。

この記事へのコメント

2015年06月12日 12:12
お疲れ様です。
セミやトンボのように、ハッキリした違いがないので雌雄の
見分けがつきませんね。
アカスジキンカメムシの場合は、大きいしオスのお腹の先が
尖っていたので、翅の上からでも簡単に見分けが出来ました。
交尾中の時、翅にマーカーで標をつけておくといいでよ。
2015年06月12日 18:41
ツユヒメ*さんへ
貴ブログで観察の仕方を読んで「なるほど」と思っていても、いざ自分で試そうとすると、具体的な方法が思い浮かびません(^_^;)
省力化をはかって、引き続き観察しようと思います。

この記事へのトラックバック