十二単、金襴

「じゅうにひとえ」となると、平安貴族の豪華な衣装を思い浮かべます。
「きんらん」といって思い出すのは……♪金襴緞子の帯締めながら 花嫁御寮は何故泣くのだろう……。これは蕗谷虹児作詞の「花嫁人形」の歌詞ですね。

  イメージ的には豪華絢爛ですが、植物のジュウニヒトエはあまり目立ちません。
画像
画像


  「きんらん」は金襴ではなく、金蘭ですが、木立の間で楚々とした姿は目立ちます。
画像
画像
  キンランは次第に数が減って来ているようです。絶滅危惧Ⅱ類。

  観賞目的で掘って持ち帰っても、共存する菌類がないと生育できないんだそうで、
  自然のままで楽しみたいものです。

この記事へのトラックバック