いいもんめ~っけ

田んぼ脇の道を徐行していたら、ダイサギがカエルを捕まえたので、しばらく車を止めて観察しました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

  受難のカエルを拡大してみると……トウキョウダルマガエルのようです。
画像

この記事へのコメント

2014年10月22日 18:25
こんな大きなカエルでも、カッカッと呑み込んでしまったのでしょうね。
2014年10月22日 20:32
ナイスシーンです。カエルも大きく股を開いて抵抗している
ようにも見えます。この位の大きさなら1日分の餌として
十分でしょうね。それにしても頭の方から上手く飲み込む
ものですね。
2014年10月22日 21:07
fujio*さんへ
この時は野鳥調査だったので、呑み込むまで見届けている余裕がなく、移動を始めてしまいました。稲穂に見え隠れしながら、何度も何度も咥え直していたので、けっこう難儀しているように見えましたよ。

 ツユヒメ*さんへ
最後のカエルの拡大画像のひとつ前が、何度も咥え直して、やっとカエルの頭を挟んでいるところなので、この後に頭から呑み込んだのだと思います。アオサギは大きなウシガエルでも呑み込みますから、トウキョウダルマガエルは小物の部類でしょうね。
2014年10月23日 08:51
美味しそうなカエルですね。以前中国で仕事をしていたころカエルをよく食べました。ヘビよりは美味しかったです。ヘビの方が高価でしたが。
2014年10月23日 09:26
マイ野鳥図鑑*さんへ
カエルは鶏肉に似ていると評されますが、食べたことはありません。
ヘビは上海に行ったときに専門店て初めて食べましたが、小骨が多く、美味しいとは思いませんでした。(^_^;)
2014年10月23日 23:25
凄いシーンに出くわしましたね。きっと私も写真撮ってたな~!って思いました。 カエル・・・ご愁傷様ですね。 ダイサギも生きる為!
2014年10月24日 05:31
mint*さんへ
これが日常なんでしょうが、これから冬眠するはずだったカエル君は永眠という違う道筋をたどることになりました。弱肉強食という自然の摂理だと言ってしまうのは、ちょっとかわいそうな気もしますね。

この記事へのトラックバック