アオダイショウ

たとえ小さくても、毒は無いと知っていても、手乗りにする勇気はありません(^_^;)

公園の桜の木にいたので、至近距離で見ることが出来ました。

本物のヘビの画像が出てきますから、見るのも苦手な方はご退席ください。

          ↓

          ↓

          ↓

          ↓

          ↓

  正面顔。
画像

  とぐろを巻きます。
画像

画像

            木の幹も垂直に降りられるんですね。
画像



            50センチぐらいはあっても、細かったので、まだ子どもかな?

この記事へのコメント

2014年08月03日 12:30
当地では、アオダイショウはあまり見かけませんが、
茶色に黒の縞模様と黒化型のシマベヒは良く見かけます。
一度、マムシが足元にいたことがあり、ビックリしました。
マムシは逃げませんね。
2014年08月03日 20:16
ツユヒメ*さんへ
千葉ではシロマダラ、マムシ、ジムグリがRDBの「B」で、それに次いでシマヘビが「C」。ヒバカリ、アオダイショウ、ヤマカガシが「D」です。
未だ生きたマムシに遭遇したことはありません。
2014年08月05日 21:58
チョーかわいい~♡  先週、三重から和歌山へ向かう途中のR42、山道でなんとシマヘビを車で轢いてしまい、落ち込みました。 ルームミラーで後ろを見ると、もんどりうってる姿が見えて何とも切なかったわ~・・・
2014年08月06日 06:13
nint*さんへ
もう少し小さければ、なんとか「かわいい」の範疇に入れるかもしれませんが、このぐらいの大きさになると、やっぱりちょっと引いてしまいます(^_^;)
道路上の轢死体はときどき見かけますね。時にファンベルトの切れたヤツだったりもしますが。轢いてしまうと、後味の悪さが残りますね。

この記事へのトラックバック