正面顔の拡大 マユタテアカネ

林の縁でたくさん飛び交っているトンボの、とまっている時の正面顔を撮ってみました。

  マユタテアカネ。
画像
画像
画像
画像
画像
  こうして並べてみると、面白い顔をしていますね。
  鼻の穴のようにも見えてしまう黒い部分は、「眉斑」と呼ばれています。
  ここが眉だなんて、なんかヘンですよね。

この記事へのコメント

2014年07月26日 22:19
ツユヒメ*さんへ
100㎜のマクロで切り取り拡大しました。
被写界深度がどれくらいになるのか試したところもあります。
今の時期、好んで歩く林縁はマユタテだらけです。

この記事へのトラックバック