ナナフシ

ナナフシというものを初めて見たのは都内でした。勤務先にほど近い公園の外側の植え込みで見つけた時はビックリしました。その時の記事を探すと、まだtennis365で開いたブログの時代、2006年のことでした。 →こちら 画像の容量が足りなくなって、こちらに引っ越してきたのです。

この日、アオサギの小さなコロニーがある場所で虫撮りしていました。
イノコヅチが生えているところでイノコヅチカメノコハムシを探していると……
  ナナフシがいました(^o^) 

画像
  触角が短いので、ナナフシ(昔はナナフシモドキと言われていたようです)。
画像


  少し離れたところにも、もう1匹。
画像


  エダナナフシとの識別点は触角の長さ。長ければエダナナフシ。
画像
  前肢を伸ばしているので、触角が長いかと思いましたが、
  前肢に惑わされずに触角だけを見ると短いので、これもナナフシでしょう。

ナナフシの♂は数が少なく、♀だけでも繁殖可能な単為生殖をすることで知られている不思議な昆虫です。

この記事へのコメント

2014年07月13日 19:12
昨年、オスとメス、2ペアーの飼育を思い出します。
交尾、産卵まで、結構面白い交尾行動を楽しみました。
2014年07月13日 22:47
不思議な生き物でまだ生体がちゃんと分かられていないナナフシとも聞いています。研究してみようかな?って思ったこともあったのは遠い昔の事でした。^m^
2014年07月14日 08:25
ツユヒメ*さんへ
♂はごく稀のように書いてある本もありますが、検索すると♂および交尾の画像はけっこう出てきますね。一度見てみたいものです。

mint*さんへ
研究すれば面白い存在だと思いますよ。でも、mintさんのところは飼っている生き物が多いですからね。

この記事へのトラックバック