要注意! イチモンジカメノコハムシの幼虫がいた

前にも紹介したことがある、ハムシ科のイチモンジカメノコハムシという長~い名前を付けられたのが、いました。
ムラサキシキブの葉の上にいることが多いので、食痕で探しました。

  成虫の大きさは7.5~8.5ミリ
画像
  親を見つけて喜んでいたら、その葉の直ぐ下に黒っぽいものが……

  鳥の糞でもついているのかと思ったら、そうではなさそう……。
画像
  なんと、イチモンジカメノコハムシの幼虫だったんです!


図鑑の解説を見ると、体側には16対の突起があり、「尾端の突起に1~4齢の脱皮殻をつけ、糞で全体を平たく覆い、周辺に棒状の糞を放射状に突き出す」(『日本産幼虫図鑑』学習研究社刊)とあります。5齢で成虫になるので、これは背中に乗っているモノが多いので、もうすぐ蛹になるのかもしれません。


  ちょっと角度を変えてみると……。
画像
 
  幼虫を見つけたのは、初めてでした(^^♪



  
日本産幼虫図鑑
学習研究社

ユーザレビュー:
タイトルに“?”この ...
価格分の働きは期待で ...
とても役立ちます!確 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本産幼虫図鑑 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

☆三
2010年07月30日 20:03
そんな♪BLOG主タマに!
ムシKINGの称号を♪
デカダックス
2010年07月31日 18:10
面白い幼虫に気が付きましたね~。
フンを付けてるなんて可笑しいな。でもカムフラージュとしては、賢い方法ですよね。
2010年08月01日 09:17
☆三 *さん
小さいですけど、自然の妙が集約されていますね。
2010年08月01日 09:19
デカダックス *さん
幼虫の姿がわかっていないと、とても探せないですね。

この記事へのトラックバック