ウスタビガとヤママユガ

山叺(やまかます)として前に紹介したウスタビガの繭ですが、今日はヤママユガの繭もあったので、両方を比べてみます。

画像

        ウスタビガの繭。別名は山叺。



        こちらがヤママユガ。
画像



          拡大します。
画像



ウスタビガの繭は山叺といわれるように、筵を半分に折り畳んだような形をしています。
それに対して、ヤママユガの繭は蚕の繭と同じような形をしています。

親の姿は……写真ファイルを探したら、意外と簡単に見つかりました。

そんな蛾の姿は見たくないという方は、ここで ご退席 くださいね。

ウスタビガの写真はなくて、ヤママユガだけですが……

それもテニスコートの駐車場で見つけた「遺体」ですが……



で、ヤママユガの親の姿 ↓ です。

画像

この記事へのコメント

2007年03月18日 02:17
繭の形、ぜったい「芸術」を理解していると思いますね(笑)
2007年03月18日 09:21
蚕型の丸いのは、なんとなく作れそうですが、カマス型のは、ちょっとむずかしそうですよね。
しかし、すっかり葉を落としてしまうところにぶら下がっているので、とっても目立ちます。
16分音符
2007年03月18日 11:02
自然は偉大な芸術家・・まさにその通りですね。
上野の美術展に出品したら入賞できるかも~~
2007年03月19日 21:37
16分音符さん
そうですね。上野-美術展からの連想ですが、先日、不忍池に寄って駅に行くところで、砂で作ったという”芸術作品”が路上に出現していました。一応、写真を撮ったのですが、紹介する場が無いので、ここで追加しておきます。なかなかの作品です。
さっちゃん
2007年03月19日 22:19
砂といえば、脆い・崩れやすい・・
そんなイメージですが。
えっこれ、本当に砂で出来ているんですか!
すごいなぁー。見てみたい。
でも18日までだったんですね。
ヤママユガの繭だったら私でも砂団子で作れそう?
いや、この微妙な曲線はなかなか難しそうで砂~。

この記事へのトラックバック

  • ヤママユガ

    Excerpt: 今日も酷暑の一日でした。暑さで眠れなくて悶々としていたところに明け方に震度4の地震があって、飛び起きました。仕方なくそのまま起きてシャワーを浴び、11時からのテニスに備えました。 Weblog: メンバラ&身近な自然 racked: 2007-08-17 08:08