メダカチビカワゴミムシ

ケヤキの樹皮下で見つけた体長4ミリほどの甲虫。拡大した見た目は、ハンミョウによく似ています。 調べると、「メダカチビカワゴミムシ」というゴミムシの仲間だと分かりました。 この2枚しか撮らなかったのが悔やまれます。
コメント:0

続きを読むread more

ムネアカハラビロカマキリ

昨年秋から卵の存在が確認されていましたが、成虫の姿を初めて見ました。 なるほど、その名の通りでした。 一説には、中国から輸入した竹ぼうきに卵が産みつけられていて、そこから分布が始まったのではと言われています。
コメント:2

続きを読むread more

オナガアゲハの幼虫

ムネアカハラビロカマキリをもう一度良く見たいと思い、翌日、見つけたあたりを探したのですが、いたのはオオカマキリばかりでした。 あちこち探すうちに、見たことはあっても、何の木だかわからない葉に、見た目はアゲハの幼虫と思われるものを見つけ、その時は撮影だけしました。 家に帰ってから調べると、この幼虫、尾の部分が白いのでオ…
コメント:0

続きを読むread more

ギンヤンマのペア 単独の♂に撃墜される

飛ぶギンヤンマを何とかフレームに入れようと悪戦苦闘していました。 産卵するペアが、目の前に(^^♪ 場所を変えながら産卵場所を探していました。 そこへ背後から単独の♂がやってきて―― パシッと乾いた音がして、単独の♂がペアに体当たりをしたので、ペアはあえなく水面に「撃墜」されてしまいま…
コメント:3

続きを読むread more