オオタカ若

谷津田に向かって歩き出したとき、すごい勢いで鳥が藪に突っ込んできて、悲鳴ともみ合う羽音が! 何が起きたのか、一瞬分かりませんでした。曇天だったので手にしていたのは虫撮り用の100ミリのマクロレンズをつけた一眼だけ。こんな時に限って!  しばらくガサゴソもみ合っているうちに、藪のてっぺんに姿を現したのはオオタカの若。 …
トラックバック:0

続きを読むread more