ヒシクイの四段重ね

こんな瞬間もあるんですね。                   三段からの四段重ねの完成です。                         狭い空間でひしめき、翼と翼がぶつかって痛めることはないのでしょうか。             PROMINAR500+OlympusOM-D E-M1 でマニュア…
トラックバック:0

続きを読むread more

気づいたときは遅かった *ハヤブサ

出会った方と話をしていた時に、ふと頭上を横切る猛禽が……ん? チョウゲンボウ?? ― と咄嗟にシャッターを切るも、手持ちマニュアルの限界でした。    1枚目。    2枚目以降……   シャッターを切りながらも、必死でピントを調節しているのかも    無駄な抵抗。後姿(T_T)/~~~    モニ…
トラックバック:0

続きを読むread more

トモエガモ

まだ大きな群れを見つけられないので、岸に寄った群れが一斉に飛び立った時に「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」式でランダムに撮ってみた中からトリミングしました。    右上の赤丸印。    撮影した全部の中から探すとなると大変で、そこそこ写っているものだけに絞ったら、    トモエガモが写っているのが3枚あ…
トラックバック:0

続きを読むread more

文字通りの 頭隠して 尻隠さず *カヤネズミ

少し離れて150ミリで撮ったものから。    コンパクトカメラに持ち替えて、少しずつ寄ってみます。    思い切り近づいて、至近距離からの撮影。    このお尻の主はカヤネズミのようです。    近づいた気配がわかるのか、尻尾や体をちょっと動かすのですが、お尻は外から丸見えのままでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【新刊のご案内】 箕輪義隆著『鳥のフィールドサイン 観察ガイド』

著者からお送りいただきました。 文一総合出版 2016年11月21日発行 定価:本体2000円+税     その目次。 目次をご覧いただくとお分かりのように、各項目―「足跡」「糞」「ペリット」「羽毛」「古巣」「食痕」「その他のフィールドサイン」「推理する」「カラスとカワウで始めてみよう」「フィールドサインと人」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more