ハムシ2種 カシワツツハムシとフジハムシ

「虫撮り」をしていて自然と目が向くのは、体長数ミリの昆虫とハエトリグモの仲間です。絞り込まないことには、ちょっと間口が広すぎます。 その中でも「葉上の宝石」とも称えられるハムシの仲間は、日本に660種もいるんだそうで、ここに登場したものでも、アカガネサルハムシ、イタドリハムシ、イチモンジカメノコハムシ、イノコヅチカメノコハムシ、ウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マメコガネ

相手を求めて飛び回っているマメコガネ。      ゆっくり飛ぶので、ちゃんと撮れそうなのですが……。   相手を見つけると近くに降りて……。飛んでいたのは♂でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林縁の生きものたち

ここ10日ほどの間に出合った林縁の生きものたちです。   オバボタル。   キアシヒバリモドキ(幼生)で合っているでしょうか。初めはウスグモスズかと思ったのですが……。     めずらしく蛾が全身を露わにしていたので、何種類か……。   コウゾハマキモドキではないかと思います。   セスジナ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガガンボの仲間?

前に松葉のようなクモを紹介したことがありましたが、またそれかと思ったら……。   アジサイの花にいました。一体これは……。   少し角度を変えると、脚は6本。   どうやらガガンボの仲間(ヒメガガンボ?)のようでした。   正対して撮る前に、飛んで行ってしまいました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんなに脚が長いと…… *チャイロアサヒハエトリ♂*

ハエトリグモの仲間は、その姿を見ただけでだいたいハエトリグモとわかります。 雌雄によっては、模様がかなり違うものがいますが、全体的な印象で、まあハエトリグモの仲間だとわかります。ところがハエトリグモの♂の中に、ハエトリグモのプロポーションの範疇から外れるものがいくつかいます。   この日、林縁で見つけたのは……。   チャイロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more