なめられた !!

ゴイシシジミが何頭か群れ飛ぶ場所を見つけて、産卵を撮ろうと佇んでいると、ふくらはぎに、何やら触れたくすぐったさが……   ウラギンシジミがとまっていました。   汗を舐めに来たようです。   AFに設定を変えて、体をひねったり、足を持ち上げたりして撮ったので、   上下、左右がどうなっているのか、よくわかりません(^…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

正面顔の拡大 マユタテアカネ

林の縁でたくさん飛び交っているトンボの、とまっている時の正面顔を撮ってみました。   マユタテアカネ。   こうして並べてみると、面白い顔をしていますね。   鼻の穴のようにも見えてしまう黒い部分は、「眉斑」と呼ばれています。   ここが眉だなんて、なんかヘンですよね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これが蝶なら……

蝶の中にはゼフィルスと呼ばれる、翅が金属光沢をもつ一群がいます。発生時期が限られているので、その姿に取り憑かれた人たちが姿を求めて探し回るようです。 甲虫ならタマムシが代表のように、金属光沢をもつものはたくさんいます。 今の時期、どこにでもいても、見向きもされないハエがいます。「ハエ? ハエじゃあねぇ~」という声が聞こえてきます。そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤガタアリグモ♀

前に庭でヤガタアリグモの♂を見つけたことがありました。 →こちら 今度もやはり庭で、蝶の幼虫撮影しているときに♀を見つけました。 庭で蝶の幼虫撮影なんて、飼育しているわけではないので、ふつうはあまり考えられませんよね。それがひょっとしたら未見のシジミチョウかもしれないと、期待が膨らんでいるところなのですが、急にしぼむ可能性も高いので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

せーの

梅雨明けにもう種が出来た庭のヒマワリ。同じカワラヒワなのかどうかはわかりませんが、ヒマワリの種を取りに毎日、やってきます。   せーの     ホバリングには不慣れなようでした。 繁殖期を迎えた頃から、家の近くの電線にとまって鳴くカワラヒワの姿が目立ちました。それが今も続いています。おそらくどこか近くで繁殖したのでしょうが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more